亡くなった方の土地・建物を相続する

お父さん、お母さん、お祖父さん名義のまま、相続手続きをせずに放置したままの土地・建物(不動産)はありませんか?

相続についてのご相談
「ずっと前に亡くなった父名義の不動産についてなのですが・・・」
「先日、父が亡くなって、自宅の登記を調べてみたら、10年前に亡くなった祖母の名義になったままでした。」
などのご相談は比較的多くあります。

不動産の相続手続きを放置してしまう理由としては、「暮らしていく分には不都合がない」「身内で揉めたくない」「それどころではなかった」「手続きが複雑で・・・」などいろいろです。
預貯金の相続のように緊急性がないことが、不動産の相続手続きを放置してしまう、後回しにしてしまう原因だと思います。

新たな相続が発生した場合など、相続人が増え、さらに手続きは複雑化します。

「不動産を売却」
「新たな相続の発生」
「建物の建て替え」
など、いざ不動産について、変更を加えようとした際に、不動産の相続手続きの放置は表面化します。
そうなる前に早めに手続きしておくことが、問題の複雑化を回避する最良の方法です。

不動産の相続手続きについては様々な専門家がかかわってきます。
「誰に相談したらいいのか分からない」など、不動産の相続についてお困りの方は、ぜひ飛鳥山行政書士事務所の初回相談無料の相談会をご利用ください。
司法書士・税理士・土地家屋調査士などの各分野の専門家と提携しておりますので、適切な専門家、相談内容に必要な専門機関を選び出しご紹介することも可能です。

 初回相談無料.bmp

「初回相談料無料」の活用のためのQ&Aへ

飛鳥山行政書士事務所
東京都北区滝野川1−60−5ミナトヤビル3階
TEL03−6426−8796(10時〜9時・年中無休)
FAX03−6426−8786
JR王子駅南口より徒歩5分