「知的障害のある人が幸せな相続をするために」講師を務めました

さる7月4日(日)滝野川文化センターにて、NPO法人勉強レストランそうなんだ!!主催、平成22年度自立支援講座「知的障害のある人が幸せな相続をするために」が開催されました。

「知的な障害のある人びとが幸せな人生を送れるような相続のあり方とは? そのための正しい遺言とは?」

飛鳥山行政書士事務所所長山賀良彦が、知的な障害がある人もない人も、みんなが幸せになる「相続」「遺言」「成年後見制度」について、丁寧に講義しました。

「親なき後問題」「健常者である兄弟姉妹の人生」・・・。

「知的障害」といっても、それぞれに状況や生活環境は異なります。

一概に「こうすること」がすべての人にとっての幸せとは言い切れません。

そんな中でも、基本的な相続の知識を蓄えて「家族で率直に話し合うこと」の重要性をあらためて示すことが出来た講座になりました。

詳しい講座の様子は下記へ

NPO法人勉強レストランそうなんだ!!(第1回目)

NPO法人勉強レストランそうなんだ!! (第2回目)

この講座が知的障害者の権利擁護と成年後見の情報誌PandA-Jで紹介されました。
詳しい内容は下記へ

PandA-J  「遺言」を考える〜あるNPOの勉強会から

 

初回相談無料.bmp

「初回相談料無料」の活用のためのQ&Aへ

飛鳥山行政書士事務所
東京都北区滝野川1−60−5ミナトヤビル3階
TEL03−6426−8796(10時〜9時・年中無休)
FAX03−6426−8786
JR王子駅南口より徒歩5分